自分に合った会社を比較して選ぶ必要性

CATEGORY

物流倉庫とは

物流倉庫とは生産者から消費者の手に渡るまでのつなぎの役割を果たす場所です。主に貯蔵、保管、商品管理、在庫管理、配送などを行います。
昔の倉庫は単に品物を預けておくだけの場所でした。しかし、90年代初期あたりから経済影響も関係し、品物を預けるだけの倉庫から発送代行を含んだ物流サービスまで行う物流倉庫に切り替わったわけです。
物流倉庫が可能なサービスとしては検品、入庫、棚入れ、保管、仕分け、出庫準備、流通加工、出庫などがあります。
また、いくつかの種類がありシュチュエーションに応じて使い分けられています。
種類としては日用品や食用品、電気機械を保管する普通倉庫、自動車や木材などを保管する野積倉庫、液体物を保管する貯蔵槽倉庫、危険物を保管する危険品倉庫などがあります。
もし物流倉庫業者を探しているのであればネットが便利です。
「どの企業が優良なのかわからない」「業界事情を詳しく知らない」という場合は、物流倉庫業者を紹介している会社に問い合わせてみると良いでしょう。
また、その紹介会社によっては複数の物流倉庫業者を紹介される場合があるので料金やサービスの特徴を比較することができます。
いろいろと便利なので物流倉庫業者に委託してみるのも良いかと思います。

物流倉庫の外部委託化で拠点を分散化する

物流倉庫のあり方を、今一度考えさせる出来事が、少し前に起こりました。事務用品の法人向け通販会社のもつ物流倉庫で起きた大規模火災です。最新の設備を誇る物流倉庫なだけに、当初はすぐに鎮火するものと見られていましたが、鎮火にこぎつけたのは12日後でした。焼失面積は4万5千平方メートルに及び、東京ドームにして1個分が消えた計算になるそうですから、被害の大きさが窺われます。
この物流倉庫には、二重の消火設備が備わっていながら防げなかったところに、大空間で発生する火災の問題点を指摘する声もあります。いずれにしましても、物流倉庫には、こうしたリスクがあるということは、今後のロジスティクス戦略を検討する上で、外すことの出来ない現実です。消火設備や消防法などの問題点はさておき、物流倉庫におけるリスクをヘッジする必要は、喫緊の問題です。
その一つの方法として、拠点の分散化はすぐ議題に上がるのではないでしょうか。その際、土地の取得から建設までを視野に入れれば、膨大な資金と時間を要しますが、物流倉庫の外部委託化を進めれば、拠点の分散化はしやすくなります。結果としてそれが、リスクをヘッジして、大規模火災のみならず、震災などからも早期に立ち直れるネットワークの強靭さにも繋がります。

UPDATE POST

委託で効率アップなどの方法を選択肢に入れる

MORE

世の中の流通を潤滑に行う大切な役割

MORE

在庫管理が適切な信頼できる業者選び

MORE

自分に合った会社を比較して選ぶ必要性

MORE

MENU

2017/08/25
委託で効率アップなどの方法を選択肢に入れるを更新しました。
2017/08/25
世の中の流通を潤滑に行う大切な役割を更新しました。
2017/08/25
在庫管理が適切な信頼できる業者選びを更新しました。
2017/08/25
自分に合った会社を比較して選ぶ必要性を更新しました。