在庫管理が適切な信頼できる業者選び

CATEGORY

物流や倉庫を委託する場合

物流業務や倉庫管理を自社管理するところもあれば、すべて委託するところもあります。自社管理の場合、業務の仕組みや流れ、在庫状況などを把握できます。業務が多くなればなるほど、自社管理が難しくなる可能性もあります。そこで、委託で管理してもらうことで、管理コストを軽減できるメリットも生まれます。自社管理の場合、倉庫の賃料や人件費、在庫コストなど、様々なコストを抱えることになります。
こういったコストを軽減させるために、委託管理に転換するところもあります。委託管理の場合、委託先の倉庫で物流拠点を置くことになりますので、倉庫の賃料を支払うことはなくなります。人件費もカットすることができ、委託料を支払うことで、管理コストの軽減が実現できます。委託選定する上で、委託先が管理できることが前提となります。
場合によって、管理できませんという場合もありますので、いくつか候補をピックアップして、コストも含めた交渉を進めることが一般的です。コストを減らしつつ、業務が効率的になることが委託する一番の目的に挙げるところが多いので、物流業務の効率や管理の明確化、サービス内容について、信頼に値するところと契約することが重要です。

物流倉庫を利用する際は業者選びが肝心

「ネットショップ」でファッションアイテムを購入する人が増えた影響で「物流倉庫」を利用するアパレルショップが増えています。物流倉庫を利用するなら、在庫管理が適切におこなわれている業者を選びましょう。正しい管理がおこなわれていない、ずさんと感じたところはほかの部分も信用できません。信頼できる業者を選びましょう。物流数が増えることでよくあるのが誤発送です。発送を間違えないようにしっかりした対策がおこなわれているかも確認しておきましょう。
また、会社情報を調べておくことも忘れてはなりません。経営年数は信頼度のバロメーターとも言われています。新しい業者が良くないわけではありませんが、できるだけ長く経営しているところを選びましょう。また、サービスの内容も業者によって異なります。
一社だけにこだわることはありません。その業者ならではのメリットがあるので、ひとつひとつ比べてみると良いでしょう。また、コストを抑えようと料金だけで飛び付いてしまうこともありますが、安易に決めると後々になって後悔することもあります。失敗を防ぐために、料金とサービス内容、信頼度、この3つのバランスがとれているか調べておきましょう。

UPDATE POST

委託で効率アップなどの方法を選択肢に入れる

MORE

世の中の流通を潤滑に行う大切な役割

MORE

在庫管理が適切な信頼できる業者選び

MORE

自分に合った会社を比較して選ぶ必要性

MORE

MENU

2017/08/25
委託で効率アップなどの方法を選択肢に入れるを更新しました。
2017/08/25
世の中の流通を潤滑に行う大切な役割を更新しました。
2017/08/25
在庫管理が適切な信頼できる業者選びを更新しました。
2017/08/25
自分に合った会社を比較して選ぶ必要性を更新しました。